栃木行くなら塩原温泉 ビジターセンターがオススメ!

塩原湯治郎

塩原ダム

塩原ダム(しおばら−)は栃木県那須塩原市関谷字西山地先、那珂川水系箒川に建設されたダムである。

所在地 左岸:栃木県那須塩原市関谷字西山
右岸:栃木県那須塩原市関谷
位置 北緯36度57分07秒
東経139度53分05秒
河川 那珂川水系箒川
ダム湖 塩原湖

関連記事

沿革

「中小河川改修事業」を度々実施していた箒川であるが、より確実な洪水調節の必要に迫られていた栃木県は箒川・那珂川の洪水調節を目的に1969年(昭和44年)補助治水ダムを箒川に計画した。この頃下流沿岸の塩那台地が農業振興地域に指定され、且つ流域の約3,000haに上る水田地帯は稲の早期栽培の導入もあって田植え時期が早期化、この為4月から5月に掛けての用水不足が顕在化している事もあって農業用水の確保も必要となり、結果灌漑目的を加えた補助多目的ダムとして建設に着手し1978年(昭和53年)に完成させた。ダムの型式は重力式コンクリートダム、高さは60.0mで洪水調節、不特定利水、塩原・那須台地の農地への灌漑を目的としている。

ダム諸元

ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 60.0 m
堤頂長 240.0 m
堤体積 115,000 m3
流域面積 119.5 km2
湛水面積 41.0 ha
総貯水容量 8,760,000 m3
有効貯水容量 5,760,000 m3
利用目的 洪水調節・不特定利水・灌漑
事業主体 栃木県
電気事業者
発電所名
(認可出力)
施工業者 鹿島建設・フジタ
着工年/竣工年 1969年/1978年

注目コンテンツ